スポンサードリンク

「メニエール病だったら…」不安で耳鼻科に行って診療を受けてきました



メニエール病だったらどうしよう…


先日、20 歳以降8年間悩んでいる「めまい」や「吐き気」、時々「気絶」の症状について聞きに行こうと思い、耳鼻科に行ってきました。何度か内科で診てもらったことはあったのですが、いつも検査は異常なし。「ストレスから来る精神的なものでしょう」と言われるばかり。大したストレスがなくてもそういう症状が出るので、自分的にはその診断に納得していませんでした。

ネットで色々調べていたら「めまいは耳鼻科で診てもらったほうがいい」「メニエール病かもしれない」という記事を多く見かけたので、阿鼻叫喚しながら耳鼻科に駆け込みました(一応説明しておくと、鼻をかけたよ!鼻をかけたよ!)。


【スポンサードリンク】


メニエール病とは…?

メニエール病(英名 Ménière's disease)とは激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す内耳の疾患である(メニエール病 - Wikipedia
結論、耳鼻科でも異常なしでした。メニエール病だと、めまいがするときは本当に目が回っているそうなのですが、私は目が回っていませんでした。耳の中も異常なしでした。
よかった、よかった…。よかった?

いや、よかったのですが、耳鼻科の先生もまた「あなたアレよ!自律神経!」「鍛えなさい!」と言っていました。晴れの日は自転車20kmぐらい漕いでるんだけどな(そういうことではないのかな?)。

「"起立性調節障害"とか"迷走神経反射"だと思うわよ。特に気にすることもないし、うち耳鼻科だから薬出せるには出せるけど、云々…」

そう言われて、一応めまい止めの頓服薬だけもらってきました。

私がめまいや吐き気、気持ち悪さを感じるときは、

  • 電車で立ちっぱなし
  • 歩いているとき
  • 人混みetc...

と、確かに立った状態の場合がほとんどです。「起立性調節障害」と言われてみれば、たしかにそうなのかも…?
ただ、1回だけ23歳のとき、座った体制で胆石の手術の説明を受けているときにフラッと気絶してしまった(今にして思うと腹腔鏡手術ごときで気絶するとか西洋の貴族フランソワさんのつもりかよっていう)ので、迷走神経反射なのかも…とも思いました。

血管迷走神経反射とは…?


長時間の立位、温暖下での激しい運動、恐怖感や情緒的不安定、激しい痛みなどによって誘発されます。極端な場合は失神(意識喪失)が起こりますが、失神の前兆としては、ふらふら感、虚弱感、発汗、視野のぼけ、頭痛、吐き気、熱感や寒気などがあります。 (上野医院 脳神経外科,外科,リハビリテーション科

完全に一致。

対策や治し方について調べてみたところ、

  • 水を1日2リットル飲む
  • 適度に塩分を摂取する
  • 気持ち悪くなったらすぐにしゃがんで頭を低くする

ぐらいしかヒットしませんでした。もう、上手に付き合っていくしかないんですね。病気でもないですし、これといった治療法がないっス。
まあ今ならフリーランスだし、電車で外回りしたりすることもほぼなくて、上手に付き合っていける環境ではあるので、無理をしないことだけ気をつけていればいいのかとは思います。結局のところ、立ちっぱなし、疲労とか、肉体的なストレスでなっちゃうものみたいなので…。体力つけつつ、玄米食べつつ、あまり気にしないというのが一番いい治療法なのかもしれません。


【スポンサードリンク】

Share on Google Plus